蕨鉄道 乗務員から

N・HOゲージ 鉄道模型 レイアウト製作とお店での出来事・・・

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.12.Wed

『あけぼの』と冬の東北旅へ 2 〜 筋肉痛

寝台列車は、僅かに聞こえる『カニ』の発電機音と、
シャーっと雪を吹き飛ばす雪煙、
時折通過する踏切の音がアクセントとなり。
夢の一夜を過ごした車内にも朝日が差してくる頃、
寝てる間に遅れを取り戻した『あけぼの』は、弘前駅へ定時到着。
4-02-11-13.jpg
4-02-11-14.jpg
4-02-11-12.jpg
途中の大鰐温泉駅では、
弘南鉄道ラッセルも車窓に・・・
4-02-11-15.jpg
4-02-11-16.jpg
走り続けた車輛は、着雪てんこ盛り、
ヘッドマークも読めない奮闘ぶり。
この寒さが写真で伝わるのかな〜。
弘前で下車して、
五所川原、津軽鉄道ストーブ列車へ足を伸ばして・・・。
4-02-11-20.jpg
4-02-11-21.jpg
4-02-11-22.jpg
楽しみにしていたストーブでイカを焼いてお酒を飲んで・・・。
ところが、車内は団体さんで大盛り上がり、
イカ焼きも順番待ち状態(笑)
待つ事しばし、やっと焼いたイカも食べる時間が殆どなく下車、
この持って下りたイカが、後にとでとんでもない事件を引き起こすのです。
「津軽には七つの雪が降るとか」歌にもありますが、
地吹雪---っと思ったら、
この時は、まことにいいお天気で、
私的にはイメージが違ってちょっと残念。
秋田に戻って昼食タイム。
他の方は、海鮮丼やら海鮮市場名物イカのメンチカツにほたて・・・等々、
東北らしい食事をしていましたが、
飲み過ぎの私は、ごちそうにも喉が通らずニシンそばを選択、
この選択が後の行動に効いてくる事になるのです。
4-02-11-23.jpg
4-02-11-24.jpg
JR奥羽本線へ乗り換えて「刈和野駅」へ
山間部にさしかかると雪が降り出し、
徐行運転するのかと思いきや、
吹雪の中を全速力疾走でギューン、ビューン!。
雪に慣れない関東の電車とは大違い(笑)
設備も違うと思いますが、都会は雪に弱すぎる気もするな〜。
4-02-11-31.jpg
日が暮れると町のあちこちでミニカマクラに火が入ります。
我々もチャッカマーンでお手伝い。
写真の道はワラテツメンバーでろうそく設置して一本一本灯しました。
ろうそくの明かりがゆるやかに揺らぎ、
幻想的で雪国ならではの情景となるのです。
4-02-11-32.jpg 
火入れを終えてメインイベント前に、
今回お世話になったお宅で腹ごしらえです。
4-02-11-34.jpg 4-02-11-35.jpg 
目の横には熊さんの敷物と、
テーブルの上に沢山のごちそう。
地元で採れた「わらび」も抜群なおいしさ、
続けて出て来た鴨汁は、どう頑張っても元マタギのお父様でないと、
この味が出せないそうです。
あんかけにも見えますが、
鴨の脂だけでトロトロ状態にするのが焼きの難しさ、
臭みがなく透き通っていて、
まったりとして、たまらなく暖まるのです。
皆は、どぶろくと「マタギ」話で盛り上がっています。
そんな肝心なときに私は、昼に「にしんそば」しか食べていないのでエネルギー切れ、
思わず、目の前のおにぎりからパクッと、
地元の方々から『酒からでしょ!』って笑われてしまいました。
そんなこんなでメインイベントの時間となり準備をして外へ。
4-02-11-33.jpg 
「刈和野大綱引き」
500年の歴史があるといわれ、
綱の重さ11t超とか、チョゥェーーー
町を二分(上町・下町)引っ張り合う。
写真は祭りの前の静けさってとこです。
綱引きが始まると7000人以上がこの通りに集結。
嬉しい事に観光客が飛び入り参加出来る伝統行事です。
いざ始まると、もう写真を撮っている場合ではありません。
極寒なのに汗だくになるほど
20分以上も引き続けるってどうでしょう〜
頭から湯気が出る程引きましたよ//////
足下は雪、綱は重い、滑る重い滑る重い〜
かけ声は、
『ジョヤーサー』『ジョヤーサー』『ジョヤーサー』
我らがワラテツメンバー若手と言うにはほど遠く、
しかも普段から力仕事が苦手なタイプときたものだ。
でも、五人が増えた事には間違いない訳で・・・。
勝敗ですか?・・・。
メンバーからは、来年もリトライするぞーーーっと!
俳優のギバちゃんも地元なので参加していたそうですが、
私はグロッキーで合えなく退散しました。
4-02-11-36.jpg
帰りは恒例の自由解散、
由利高原へ、角館へ、美術館へと散らばって、
私は、一足お先にコマチでビューッと帰って来ました。
ストーブ列車のイカは、
刈和野から秋田へ帰る電車のなかで、
誰かさんのお尻のしたで「のしイカ」となって大笑いと・・・
『あけぼのと冬の東北の旅』にご参加いただいた皆様、
秋田でお世話になた皆様、
ありがとうございました。
普段の乗り鉄の旅と一味違った旅を、
参加者皆が大満足で終える事ができました。

私は、雪の中を突き進む『あけぼの』編成の、
カニ発電音『ゴーーーー』と揺れの余韻と、
飲み鉄と乗り鉄。
体中の何処が痛いのかわからない程の筋肉痛が襲っております(笑)
4-02-11-41.jpg
鞄の中には、お土産のきりたんぽと(来年も使えるはちまきと軍手)が・・・

最後に ↓ ポチットお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

2月13(木)14(金)15日(土)
蕨♥街バル
チケットを買って知らないお店を発掘するイベント。
これに蕨鉄道も参加しています。

お問い合わせと予約は、お電話か、メールで。
048-211-8746 warabi_tetsudou@yahoo.co.jp
 ↓ 蕨鉄道案内図 ↓
蕨 駅 西口 直ぐ。
スポンサーサイト

コメント

2014.02.12.Wed

着雪あけぼの

まずは…無事の旅行から おかえりなさいませ!
着雪あけぼの 模型も良いけど…本物はもっと良かったんでしょうね^^ なんて羨ましいことでしょう(笑)
2014.02.13.Thu

おお~!よかったね。
また、乗る?(笑)
2014.02.14.Fri

Re: 着雪あけぼの

ひろ さんへ

ワラテツの旅、
雨男は誰だったのでしょうか・・・
今回は意外と順調に事が進みました(笑)
あけぼの最高でした〜
2014.02.14.Fri

Re: タイトルなし

高橋鉄道さま

「あけぼの」につづけて
「北斗星」かな〜(笑)
また、遊びに来てください、お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://warabitetsdo.blog.fc2.com/tb.php/1251-2fe94ad6

 | トップへ戻る | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。